見えにくい裏側矯正・ハーフリンガル│東京都北区王子の矯正歯科なら『王子みのうら矯正歯科』

土日も診療

王子駅から徒歩0分

完全予約制 無料カウンセリング随時受付

03-3913-4060

見えにくい裏側矯正・ハーフリンガル│東京都北区王子の矯正歯科なら『王子みのうら矯正歯科』

見えにくい裏側矯正
ハーフリンガル
Lingual Orthodontic / Half Lingual

「矯正装置を付けた口元をほかの人に見られたくない」という方におすすめなのが、外からは見えない裏側矯正です。
近年は裏側矯正の装置も改良が進み、表側矯正と比較したときに見られたデメリットが大幅に解消されてきています。

裏側矯正・ハーフリンガルとは

裏側矯正・ハーフリンガルとは

裏側矯正とはリンガル矯正や舌側矯正とも呼ばれ、表側に矯正装置をつけるという従来の治療ではなく、裏側に装置をつける矯正治療です。そのため、ほかの人からは装置をつけていることがわかりません。矯正装置が人から見えてしまうことにためらいがあるという方に、おすすめの治療方法です。
また、ハーフリンガルは上下どちらかを裏側矯正で治療する方法で、上の歯を裏側矯正、下の歯は表側矯正にするのが一般的です。
さらに、裏側矯正は表側矯正と比べ、虫歯になりにくいことも利点です。これは、だ液が歯の裏側でより多く循環するためです。だ液には虫歯菌が出す酸を緩衝する効果があるため、装置があることによって歯磨きしづらくても、表側よりだ液が分泌しやすいので虫歯になりにくいのです。

メリットとデメリット

メリット
● ほかの人からは矯正装置をつけていることがわからない
● 表側矯正に比べて虫歯になりにくい
● 外食で食べものが装置に挟まっていないか心配する必要がない
● 前歯が引っ込みやすくなる

裏側矯正の最大の利点ともいえるのが、人から見えないように装置を付けられることです。
審美面では、表側矯正をしているときに食べものが装置に挟まると目立っていましたが、裏側矯正では挟まるとしても歯の裏側となるため、外からはわかりません。複数の人と外食をする際、口元を気にせず食事を楽しむことができます。
治療面でも、表側矯正と比較したとき、虫歯になりにくいというメリットがあります。だ液は歯の裏側からより多く分泌されますが、だ液は虫歯菌が出す酸を緩衝し、中性にする機能を持っています。そのため、装置を付けている裏側が歯磨きしづらい場合も、だ液の助けによって虫歯になりづらい環境にあるといえます。
また、裏側矯正は、前歯を後ろに移動させることができるので、前歯が引っ込みやすくなります。出っ歯が気になる方にも、裏側矯正は効果があるといえます。
デメリット
● 舌が装置に当たるため違和感をともなう人もいる
● 若干発音がしづらい
● 表側矯正より費用が高くなる
● 表側矯正に比べて治療期間が長い

歯の裏側に装置がつくため、舌が常に当たることになります。はじめのうちは慣れず違和感をともなう人もいますが、1~2週間で慣れる場合がほとんどです。発音についても同様に、1~2ヵ月ほどで普段と変わらないように喋られるようになりますが、意識的に発音するともっと早く慣れます。
また、費用が表側矯正より高くなるのは、まず歯の裏側が複雑な形をしており、オーダーメイドで装置を作製する必要があるため、そして、歯を動かすためのワイヤーの調整が表側矯正より難しく、高度な技術を要するためです。

クリッピーL

クリッピーL

クリッピーLは、矯正装置とワイヤーの摩擦抵抗が少ないセルフライゲーションシステムの裏側タイプです。
このシステムはブラケットにシャッター構造を取り入れているので、ワイヤーをシャッター部分に通すだけで通常の矯正装置よりも摩擦抵抗の少ない手軽な装置として誕生しました。

クリッピーLは裏側矯正なので、矯正装置がほかの人から見えない形となっています。クリッピーLの特徴であるシャッター構造もかなり小さく設計されているので、裏側矯正のデメリットともいえる発音のしづらさがほとんど起きません。さらに、力をあまり入れなくても歯が動くので、矯正治療中の歯の痛みが軽減されます。
また、裏側矯正治療は表側矯正に比べると、ワイヤー交換時の診療期間が若干長くなりがちですが、シャッター構造のクリッピーLは従来の裏側矯正よりも診療期間が短縮され、経済的にも時間的にも大変有効です。

最近では歯の隙間を埋めるために、弾力性のあるゴムをブラケットにかけて動かす方法も出てきており、そのためのフックを設けてより柔軟に歯を動かすことが可能となっています。
クリッピーLはとても効率のよい裏側矯正ですので、興味のある方は一度ご相談ください。

インコグニート

インコグニート

裏側矯正の新しい治療方法です。
患者さまのお口の中のデータを取り入れたコンピューターにより、複雑に屈曲したワイヤーと、精度の高い装置を組み合わせることが実現。正確に歯を移動させることができるようになりました。これにより、装置すべてがその患者さまだけにしか使えないよう、カスタマイズされており、認定を受けた診療所でしか治療できない、完全オーダーメイド(ドイツに発注)となっています。

ヨーロッパでは、インコグニートが裏側矯正治療に占めるシェアは約70%といわれています。裏側矯正の抱える問題を解消する治療方法として、今後日本でも広まっていくと考えられます。

*この装置は海外の技工所で作製されておりますので、日本国薬事法の医療機器として認証・承認を得ていない装置であり、日本の歯科技工士法上の矯正装置に該当しません。この装置以外に国内製の認可を受けている、似た装置があることをご了承ください。

メリットとデメリット

メリット
● 裏側矯正のため、ほかの人から装置が見えない
● ブラケットが薄いため、従来の裏側矯正に比べて装着したときの違和感が少なくなる
● これまでの裏側矯正に比べて発音の障害を抑えられる
● 歯をコントロールする性能が優れている
● 歯列が歪みづらい

患者さま一人ひとりに合わせたオーダーメイドにより、歯をコントロールする性能を最大限に発揮できます。
また、インコグニートの特長として、ワイヤーの剛性の強さが挙げられます。ワイヤーの剛性が弱い場合、前歯を後方へ引っ張ると歯列が弓なりに曲がる場合がありますが、高性能のワイヤーを搭載したインコグニートは、この現象が起きづらいといえます。
デメリット
● 裏側矯正に共通するデメリットとして、表側矯正に比べて装着したときの違和感、発音のしづらさがある
● オーダーメイドによりドイツで作製するため、納品までに1~2ヵ月ほどかかる

裏側矯正に共通するデメリットはあるものの、従来の裏側矯正に比べてそうした欠点は大幅に解消されています。