よくある質問│東京都北区王子の矯正歯科なら『王子みのうら矯正歯科』

土日も診療

王子駅から徒歩0分

完全予約制 無料カウンセリング随時受付

03-3913-4060

よくある質問│東京都北区王子の矯正歯科なら『王子みのうら矯正歯科』

よくある質問
FAQ

医院情報

歯並びが悪いとどのようなデメリットがありますか?
歯並びが悪いと、①歯が重なっている部分をきちんと歯磨きすることが難しく、虫歯や歯周病になりやすい ②噛み合わせも悪くなるので、十分に噛めず胃腸に負担がかかる ③口元や顎が独特の形状になり、顔貌に悪影響を与える ④発音に支障をきたす ⑤顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい ⑥歯並びがコンプレックスとなり、人前に出る自信がなくなる、など心身への悪影響が出てしまいます。これらを解消して心身の健康を維持するためにも、矯正治療は大切なものです。
詳しくは『歯列矯正とは』ページをご覧ください。
矯正の治療期間はどのくらいですか?
症状や年齢によって異なりますが、永久歯列期での歯を動かす期間は、通常1年半から2年ほどです。
小児期での歯を動かす期間は、症状によって大きく異なるので、一概に言いきることができません。実際にお子さまの症状を拝見してからのご説明となりますので、お子さまの歯並びが気になるという方は、無料カウンセリングにお越しください。
矯正治療は痛くないですか?
初めは歯が浮くような痛みがありますが、1週間ほどで慣れる方が多いようです。
当医院では、「痛い」という理由で治療を中断された方はいらっしゃいませんので、ご安心ください。
『日本矯正歯科専門医名鑑』> 抜歯か非抜歯か─ 正治療における抜歯問題の是非
矯正装置をつけると虫歯になりませんか?
矯正装置をつけると、どうしても歯を磨きにくくなりますが、ご指導した磨き方で毎日きちんと磨いていただければ、虫歯にはなりません。
当医院で治療を受けられたほとんどの方が、虫歯にならずに治療を終えられています。
矯正治療では歯を抜くのですか?
過度の八重歯・乱ぐい歯・出っ歯・受け口などの場合は抜歯をすることがありますが、当医院ではできるだけ抜歯をしないで治療を行なうことを心がけています。
矯正治療における抜歯については、たくさんのご質問をいただきますので、一般的な考え方が詳細に掲載されているこちらのサイトをご参考になさってください。
『日本矯正歯科専門医名鑑』 > 抜歯か非抜歯か─ 正治療における抜歯問題の是非
大人の矯正治療と子どもの矯正治療はどこが違いますか?
大人の矯正治療は、子どもの矯正治療とは異なり、顎や口元の成長発育を考慮する必要がないので、治療計画を立てやすく、具体的な治療目的があるので、さまざまな治療方法を選択することができます。また、ご自分の意志で治療を受けることを決めるので、治療を継続しやすくなります。詳しくは『大人の矯正』ページをご覧ください。
子どもの矯正治療は、顎が正しく成長するようにコントロールできるので、将来自然で整った顔貌になるように導けます。また、子どものうちに治療しておくことで、大人になってから治療をせずにすむこともあります。仮に大人になって本格的な治療が必要になっても、抜歯や手術をともなう大掛かりな治療を回避でき、装置をつける期間を通常より短縮できます。詳しくは『子どもの矯正』ページをご覧ください。
子どもの矯正治療はいつから始めればいいですか?
子どもの矯正』ページをご覧ください。
矯正治療のセカンドオピニオンは受けられますか?
もちろんお受けいたします。「別の医院で診てもらったけど、他の治療方法はないのかな」など、「いろいろな医院で診てもらってから治療を受けたい」とお考えの方は、遠慮なくご相談ください。
矯正治療中はどのようなことに注意すればいいですか?
基本的には、普段通りの生活を送っていただいて構いません。ただし、フランスパンやりんごなど硬い物をまるごとかじったりすると、歯の痛みが出たり装置が外れる原因になることがあるので、それらの行為は控える方がよいでしょう。
万が一装置が外れてしまったら応急処置を行ないますので、できるだけ早く当医院にご連絡ください。矯正装置を外れたままにしておくと思わぬけがにつながることがあります。
妊娠中でも矯正は可能ですか?
妊娠中の矯正について』をご覧ください。