取外しできるマウスピース矯正│東京都北区王子の矯正歯科なら『王子みのうら矯正歯科』

土日も診療

王子駅から徒歩0分

完全予約制 無料カウンセリング随時受付

03-3913-4060

取外しできるマウスピース矯正│東京都北区王子の矯正歯科なら『王子みのうら矯正歯科』

取り外しできる
マウスピース矯正
Mouthpiece Orthodontics

ワイヤーやブラケットを使用しない、取り外し可能な矯正装置です。また、透明に近い素材で作製するため、審美性にも優れています。目立たないように矯正治療を受けたい方におすすめです。

マウスピース矯正とは

「マウスピース矯正」は、透明に近いマウスピース型の矯正装置を歯に装着して歯列の矯正を行なう治療です。
個々の患者さまに合わせ、マウスピースを約2週間に1度交換しながら、矯正治療を進めていきます。従来の矯正治療のように歯にブラケットを装着するのではなく、マウスピース矯正は取り外しが可能であり、目立ちにくいことも特長です。自分から伝えるまで、矯正治療中であることを気づかれなかったという患者さまも少なくありません。
また、マウスピースを取り外して食事をしたり、歯磨きをしたりできるため、食事の楽しみを損ねることがなく口腔内を清潔に保つことができます。

マウスピース矯正に利用する矯正装置には、「インビザライン」や、「アソアライナー」など複数の種類があり、それぞれ適正や特徴があります。
当医院では、マウスピース矯正を希望される患者さまがご自身の症状に合った種類や方法を選択するためのアドバイスを行なっております。

マウスピース矯正とは

インビザライン

クリアーな樹脂で作られたマウスピースです。治療前の状態から治療後のきれいな歯並びまで、約10~30過程に分けコンピューターで作製し、それをほぼ2週間おきに交換して治療を進めていきます。1999年にアメリカでスタートした治療方法で、日本では2006年3月に正式導入されました。

インビザライン

インビザラインの特長

マウスピースがクリアな樹脂で作られており、透明となっています。また、基本的にはワイヤーやブラケットを使わないので、ほかの人からは矯正治療をしているのがわかりません。矯正治療をしていることを知られたくない、目立つ装置をつけたくない方におすすめです。とくに、営業職や接客業など、人前に出るお仕事をされている方には非常に有効な治療といえます。

さらに、インビザラインは取り外し可能なため、従来の矯正装置のように汚れが沈着せず、歯を健康に保つことができます。歯ブラシで簡単に洗浄することもでき、とても衛生的です。

インビザラインは従来の矯正装置に比べ過度な力がかかりにくく、比較的痛みが少ないといわれています。また、ワイヤーやブラケットを使用していないため、口内炎ができることはほとんどありません。

こんな方にオススメ

● 矯正中にブラケットやワイヤーが見えるのが嫌な方
● 営業職・接客業・アナウンサーなどお仕事で人前に出る機会が多い方
● ワイヤー矯正などで、口内を傷つけたくない方
● 普段と同じように、おいしく食事を楽しみたい方
● 金属アレルギーのある方
● 取り外し可能な矯正装置を希望される方
● スポーツでのケガのリスクを軽減

人前でお話をされる仕事では、口元が大きなポイント。矯正装置を見られることに抵抗がある方もいるかと思います。そうした方におすすめの治療です。また、モデルのような仕事をされている方にも有効です。
さらに、樹脂でできているため、金属アレルギーに不安がある方も安心してお使いいただけます。
また、ワイヤーやブラケットを組み合わせている矯正装置は、激しい運動中などに口内の粘膜を傷つけるおそれがありましたが、ワイヤーやブラケットを使用しないマウスピース型は、そうしたリスクを軽減することができます。

王子みのうら矯正歯科でインビザラインを行なうメリット

王子みのうら矯正歯科でインビザラインを行なうメリット
メリット

この装置を正式に取りあつかうには、インビザライン社より認定が必要です。当医院は認定講習会を受講した日本におけるインビザライン認定歯科医院ですので、詳しく知りたいという方は安心して当医院でご相談ください。無料で初診診断いたします。

アソアライナー

インビザラインと同様、クリアーな樹脂のマウスピースで行なう治療です。1点大きく異なるのが、歯を移動させるために、毎回型採りの作業が必要となることです。1回歯型を採ってからまとめて各ステージのマウスピースを作製するインビザラインと違い、アソアライナーではそのつど歯型を採ります。そのため、患者さまの負担は大きくなりますが、より精度の高い矯正治療を行なうことができます。

アソアライナー

インビザラインとアソアライナーの違い

アソアライナーは歯を動かすごとにマウスピースを作製するため、ご来院いただく回数がインビザラインより多くなります。また、インビザラインでは対象症例の制限はほとんどありませんが、抜歯が必要、複雑な歯のコントロールなどといった大きな不調和は、アソアライナーでの治療が難しくなります。
しかし、費用は一般的にインビザラインより安く、コストを抑えることができます。さらに、ステージごとに歯型を採ることで、段階に応じた適切な対応が可能となります。