医療費控除について

deduction

医療費控除について

矯正の治療は医療費控除の対象

矯正料金は医療費控除の対象となり、医療費の申告をすると税金の一部が戻ってきます。
生計を一つにする配偶者、その他の親族の医療費を10万円以上払った場合には、税金が軽減されます。
成人の場合は、医師の診断書が必要となります。診断書をご希望であればお申し出ください。

医療費控除とは?

家族で合計して、1年間(1月1日~12月31日までの期間に、
実際に支払っ た医療費)に10万円を超える医療費がかかった場合、
確定申告を行うことで一定金額の所得控除を受けることにより、税金が減税(還付)される制度です。
確定申告を行うことで住民税も軽減されます。

対象範囲はどこまでか?

医療費控除は、生計を共にしていた家族に限ります。本人、配偶者、子ども、孫、両親、祖父母、兄弟姉妹になります。

 

医療費控除の対象

病気の治療のためにお医者さんでかかった費用、薬局などで薬を購入した費用が対象となります。

 

医療費控除の例
医療費控除額(最高200万円)
=(年間医療費支出額-保険金等で補填される金額)-(10万円と「所得金額の5%」とのいずれか少ない金額)

 

仮に、歯科治療に年間60万円かかった場合は、医療費控除額は、計算より60万円ー10万円=50万円となります。
年間の課税される所得金額が500万円の場合、50万円×20%=10万円分の税金が減額されます。

60万円(治療費)ー10万円(減額分)=50万円(実質的治療費)

実質治療費用は、上記のような計算となります。
年収により金額が異なりますのでご自身の状況にあてはめて計算をお願い致します。
※出典:国税庁「所得税の税率」より 

  • 初診のご予約・ご相談はこちら
    TEL:03-3913-4060
  • 受付時間
    火水金土 / 10:00~13:00-14:00~19:00
    休診日 / 月・木・第1・第3日曜日・祝祭日
    日曜日 / 9:30~18:00

診療は完全予約制です。ご相談だけでもお気軽にお電話ください。

今すぐ初診予約
カウンセリング予約
ページの先頭へ